「月8%」海外マイニング&現地ウクライナ工場視察情報

こんにちは、WNTの福本です。

先日公式LINEでお伝えしました通り、世界最大のマイニング工場の視察に参りましたので、ご報告をさせていただきます。


11月21日より一週間、トルコを経由してマイニング工場のあるウクライナへと渡航しました。

トルコ、ウクライナは初めての入国でしたが、両国共に親日家の方が多く、ヨーロッパに滞在した際に感じた疎外感も無く、温かく迎えられました。

渡航初日、2日目はPCR検査や視察準備など慌ただしくなりましたが、3日目よりウクライナ首都キエフからヘリポートでマイニング工場の視察へ。

実際に見た世界最大のマイニング工場は、グループ会社のジャパンマイニングシステムでは到底実現ができなかった規模と数々の最新設備に興奮と感動を覚え、工場マネージャーより工場の事業計画と今後の運営方針の話を聞く事もでき、マイニングへの将来性に前途洋々な未来を感じました。

mining03
※ マイニング工場内部、想像以上に広かったです…

mining02
※ 最新のマイニングマシン

mining01
※ マイニングマシンがずらっと並んでます。

近年、ビットコインを始めとした暗号通貨が日増しに価格上昇し、米金融大手シティバンクも2021年末までに1BTCが3000万越えも現実的と先日アナウンスされました。
参考リンク:https://www.coindeskjapan.com/88240/

今後、ますます成長が期待される暗号通貨業界ですが、海外マイニングを資産構築に導入することで、これまでの常識では考えられない資産形成が可能となります。

海外マイニングは暗号通貨を直接買うのではなく、工場で稼働しているマイニング機械へ投資・保有することで、マイニング報酬を毎日得られる形が作れます。

卵を買うのではなく卵を産む鶏を所有する形ですので、日々入ってくる暗号通貨をそのまま保有するも良し、半分を日本円で出金するのも良し、と どちらもかなり魅力的な運用方法と言えます。

マシンへの投資額が500万円分の保有で、月8%のマイニング報酬が2年入ってくるとすれば、約40万が×24回の約1000万となって戻る計算となり、 投資額が約2年で倍になる計算です。

仮に暗号通貨がこのままの価格であれば倍になり終了ですが、これからの将来性を考えると、5倍10倍と十分に狙えるタイミングかと思います。

もちろん逆もしかり下落のリスクもありますが、リスクリターンのバランスを考えると、今、この流れに乗るには最高のタイミングです。

また、弊社WNTの主軸事業である海外銀行には、暗号通貨にて送金可能な銀行も数行ございますので、日々のマイニング報酬をそのまま海外口座に送金するなど、ハイブリットな資産構築も可能です。

また、今回のマイニング案件はビジネスでも参加することもできますので、皆様と様々な形で暗号通貨マイニングに関わり、深いマイニングの可能性と桁外れの資産形成が共に出来れば幸いです。

■海外マイニングのメリット
・投資額の2倍まで支払い
・すべて自身での口座管理
・報酬で受け取った暗号通貨をUSDで保有可能
・マイニング報酬が毎日なので回収ペースが早い
・一部を暗号通貨のまま保有することでの将来への期待上昇
・海外銀行口座と連動し好きな時に日本のATMで引き出し可能

■海外マイニングと海外口座の運用方法について
この海外マイニング案件についてや、海外口座と合わせた資産構築に方法について詳しく話を聞きたい方はオンライン相談会にて、ご説明と情報を提供させていただきます。

■オンライン相談会申し込みフォーム
https://tebanasu.net/ppsllc/wnt-mining
※ お申し込みフォーム内にある「ご予約日」がご参加可能な日程となります。

若干名ですが、東京での相談会も準備中です。
ご希望の方は公式LINEもしくはメール info@wnt.main.jp にご連絡ください。
日程:12月15日(火)、16日(水)、17日(木)
場所:東京オフィス(東京都中央区京橋三丁目1番1号 東京スクエアガーデン)

12月に入り忙しい時期かと思いますが、できるだけこの情報を早く知っていただき、最高の年越しを迎えていただきたいと思います。
皆様からのご連絡をお待ちしております。